色々な治療に活用可能

インプラントとは、身体に埋め込む器具の総称をいいます。一般的に、病気や怪我などで失った臓器の機能を回復するために使われています。インプラントは歯科で使われるのが有名です。 歯科で使われるインプラントの材質はチタンが主流です。チタンは、身体に対して有害な作用を及ぼしにくい特徴があるためです。しかし、ごく稀に金属アレルギーの反応を示す人がいるため注意が必要です。永久歯を失うと二度と生え変わってはこないため、今までは入れ歯が使われてきました。入れ歯は、固いものが噛みづらかったり、しゃべりづらかったり、長年の使用によりガタついてきたりします。歯科治療でインプラントを使うことはこれらの欠点を解消するため、大変なメリットになります。 安易に入れ歯を作成するよりも、費用と手間をかけてもインプラントを使う工夫をすることで後々、いろいろなメリットが得られます。

歯科で多く使われるインプラントですが、ほかの用途でも使われています。骨折の整復、人工関節、心臓ペースメーカー、人工内耳などといった具合です。このほかにも、美容整形や豊胸手術にも使われることがあります。このように多用されていることから、インプラントは人体に影響が少ないことがわかります。現在は保険外診療なのですが、研究開発が進み年々新製品が出てきていることから、今後さらに用途が広がることでしょう。健康な歯を手に入れることで、食事を美味しく食べることができるということは、他にはない喜びを感じるところなので歯の健康を考えましょう。